待望の再来日&福岡初公演決定!音楽はすべてを自由に解き放つ!マイケル・ヘッジスのDNAを受け継ぐフィンランド最強のギタリスト!PETTERI SARIOLA(ペッテリ・サリオラ) 福岡公演!

ありとあらゆるギターの奏法を研究したペッテリは、ヘッジスの奏法にベースを加えた独自のユニークな奏法=スラム奏法を開発する。「たとえばヴィクター・ウッテン(B)も親指を使ってはじくのだけど、それを双方向、つまりダウン/アップの両方ではじいているのに気づいたんだ。一方でギターの奏法は今でもさまざまな解釈や新しい技術が開発されている。それを学び整理していくと音をつかさどる方法は基本的に2つあることが分る。1つはフレットに対して弦をどう押し付けるか、もう1つは動きのある方法として、スラップとストラミング。それを基本とすると指10本、出せる音は数十種類。それにアップ/ダウンによる表現をかければ、相当数の音色を出すことが出来る」(ペッテリ・サリオラ)

押尾コータロー氏をして“圧巻のアコギ”と言わしめ、CHARにもその実力を認められたギタリストとしてのテクニック、センスはズバ抜けており、音楽一家に生まれ育まれてきた音楽的感性、抜群のリズム感など、全てにおいて圧倒的な才能を感じさせる。また、透明感がありながらもパワフルなヴォーカル・スタイルも折り紙付きでかなり魅力的である。そして、スラップの進化系とも捉えられる独自のパーカッシヴな演奏スタイル"スラム奏法"を駆使して奏でられるギター・サウンドは最大級のインパクトを与える。
更に
縦横無尽にフィンガーボードを駆け抜ける流麗なフィンガリング、クラシック、ジャズ、スパニッシュからスラップ奏法までの自由自在なハイブリッド・フィンガー・ピッキングは、まるでギターが打楽器と化したかのような技巧的なパーカッションが聴覚、視覚…五感の全てを刺激する。

出演:ペッテリ・サリオラ(ギター、ヴォーカル)

全国ツアー情報:THE MUSIC PLANT 日本ツアー 公式サイト

PETTERI SARIOLA(ペッテリ・サリオラ)プロフィール

北欧はフィンランド出身、圧倒的な超絶テクニックと驚くべき音楽的感性を兼ね備えた天才ギタリスト、ペッテリ・サリオラ。

5代続く音楽一家の家系に生まれクラシック・ギターを7歳の時に始めたペッテリは、マイケル・ジャクソンの音楽に出会いポップスやロックが大好きになった。「彼のストレート&タイトなリズムが大好き。1つ1つの音がそれぞれのゴールに向かって直進していくような、そんなタイトなメロディが身上だと思う」と話している。当初はバンドを組みたかったペッテリだが、なかなか良いメンバーに出会えず苦労を重ねる。そこでマイケル・ヘッジスの音楽に出会い「なんだ、一人で充分じゃない?」と開眼。現在のユニークな奏法にたどり着く。 世界的にもユニークなオリジナル奏法=スラム奏法。 ポップスやロックが好きだったペッテリはベースも演奏するようになる。2015年、待望の再来日公演が決定!
HOMEPAGE
Facebook
Twitter
YouTube