八神純子 SINGS JAZZ SUMMER 2014 福岡

八神純子がジャズを歌う「八神純子 sings Jazz」のシリーズ「八神純子 SINGS JAZZ SUMMER 2014 福岡」開催!透明感のあるハイトーンヴォイスと圧倒的な歌唱力で、聴く人々を魅了し続ける八神純子が再び来福します。今夏のJAZZセットは、八神純子が日本に戻るきっかけとなった世界的ビッグバンド「ザ・ブルースカイオーケストラ」リーダーのスインギー奥田をはじめとして、ジャズ界の貴公子と呼ばれるハクエイ・キムに、正統派ギタリスト原 とも也、そしてロック、ソウル、近代ジャズ、現代音楽の奏法探求を続けている菅井信行で固めるスーパープレミアムバンドで登場します。スーパープレミアムに相応しい、八神純子の真夏の夜のジャズコンサートをぜひお楽しみください。

 

出演者:八神純子(Vo)原とも也(Gt)ハクエイ・キム(Pf)
    菅井信行(B)スインギー奥田(Ds)

八神純子 公式WEB/CD情報:[more]

八神純子 プロフィール

愛知県生まれ。透明感のあるハイトーンヴォイスと豊かな声量で、聴く人を魅了するシンガーソングライター。1978年、シングル「思い出は美しすぎて」でデビュー。同年に発売した3rdシングル「みずいろの雨」がオリコン2位を記録する大ヒットとなり、一躍スターダムへ。
その後、「ポーラー・スター」「パープル・タウン~You Oughta Know By Now~」などのヒット曲を連発。1986年からは生活の拠点を米国に移す。2011年に約10年ぶりの日本公演を行うとともに、2012年には新譜もリリースし、活動を本格的に再開している。2013年、21世紀初のオリジナル・アルバム「Here I am ~Head to Toe~」をリリース。2014年6月11日にニューアルバム+ベストアルバム「Here I am premium」とライブアルバム「The Night Flight」を同時リリースする。

1974年 
第8回ポピュラーソングコンテストに「雨の日のひとりごと」(優秀曲賞)、「幸せの時」(入賞)で初参加。第5回世界歌謡祭に「雨の日のひとりごと」で参加。シングル「雨の日のひとりごと」発表。

 

1975年 
シングル「幸せの時」発表。第9回ポピュラーソングコンテストに「幸せの国へ」(優秀曲賞)で参加。第6回世界歌謡祭の「幸せの国へ」(歌唱賞)で参加。

 

1976年 
第17回チリ国際音楽祭で「もう忘れましょう」が6位入賞。

 

1978年 
シングル「思い出は美しすぎて」でプロ・デビュー。デビュー・アルバム「思い出は美しすぎて」がオリコン最高5位の大ヒット。シングル「みずいろの雨」が大ヒット(オリコン最高2位)。

 

1979年 
シングル「想い出のスクリーン」「ポーラースター」がヒット。セカンド・アルバム「素顔の私」がオリコン1位獲得。

 

1980年 
シングル「甘い生活」「Mr.ブルー」がヒット。サード・アルバム「Mr.メトロポリス」がオリコン2位の大ヒット。初のベスト・アルバム「JUNKO THE BEST」がオリコン1位獲得。「パープルタウン ~You Oughta Know by Now~」が大ヒット(オリコン最高2位)。この曲で第31回NHK紅白歌合戦に初出場。

 

1981年 
シングル「I'm A Woman」「恋のマジックトリック」がヒット。

 

1982年 
シングル「サマー イン サマー」「Touch you, Tonight」がヒット。アルバム「夢見る頃を過ぎても」がオリコン2位の大ヒット。

 

1983年 
シングル「ラブ・シュプリーム ~至上の愛~」(映画「宇宙戦艦ヤマト 完結編」主題歌)発表。 全曲英語詞のアルバム「I WANNA MAKE A HIT WIT-CHOO(恋のスマッシュヒット)」ロサンゼルスで録音。

 

1985年 
ヤマハからアルファムーンに移籍。アルバム「COMMUNICATION」を発表。ロンドン・レコーディングのアルバム「純」を発表。

 

1986年 
プロデューサーJohn Stanleyと結婚。ロサンゼルス・レコーディングのアルバム「ヤガマニア」を発表。

 

1987年 
アメリカ・ロサンゼルスに移住。NECアベニューに移籍。アルバム「TRUTH HURTS」発表。

 

1989年 
長女Emma出産。

 

1990年 
3年振りの日本帰国コンサートを5大都市にて実施。以後2000年まで毎年帰国コンサートを実施。初のLAライブを「CHINA CLUB」にて行う。(91年1月2日にNHK衛星放送にてO.A) 

 

1991年 
NHKみんなのうたで「ピアノとわたし」を発表。

 

1993年 
長男Noah出産。

 

1997年 
書き下しエッセイ集「探しものは心の中に」(角川書店)を発表。

 

1998年 
ブルガリア音楽祭 ゴールデン・オルフェウスにアジア代表として正式招待される。

 

1999年 
NHKみんなのうたで「ヒピディ・ホプディ・パンプ」を発表。

 

2000年 
クリスマス・コンサートを最後に日本での毎年恒例のコンサートを中断する。

 

2010年 
NHK「思い出のメロディー」「SONGS」出演により復帰を望む声が高まる。

 

2011年 
約10年ぶりのライブをSHIBUYA-AXで実施。

 

2012年 
15年ぶりのアルバム「VREATH~My Favorite Cocky Pop~」を発表。12年ぶりのシングル「さくら証書」(深夜便のうた・大江千里とのコラボ)を発表。久々の全国ホール・コンサートツアー「翼 − 私の心が聞こえますか。−」を50本実施。

 

2013年 
東北被災地支援チャリティー・シングル「翼」を発表。ホール・コンサートツアー「here I am」を実施。21世紀初のオリジナルアルバム「Here I am ~Head to Toe~」発表。

HOMEPAGE
Twitter
Facebook