JIM KWESKIN AND SAMOA WILSON JAPAN TOUR 2015 福岡公演
ジム・クエスキン&サモア・ウィルソン ジャパン・ツアー

 福岡でも何度か公演を行ったジェフ・マルダーやマリア・マルダーが在籍していたジム・クエスキン・ジャグ・バンドは、戦前のブルース、スウィング、ジャズ、フォーク、カントリーなどのアメリカン・ルーツ・ミュージックを復活させた伝説のバンドです。その中心人物が、バンドのリーダーだったジム・クエスキンです。
 今回、遂に九州・福岡にジム・クエスキンが初登場します。更にジム・クエスキンのお気に入りの女性シンガー、サモア・ウィルソンがステージに華を添えて、
アメリカン・ルーツ・ミュージックをこよなく愛する若手日本人ミュージシャンが脇を固めます。本場のアメリカン・ルーツ・ミュージックに、触れることができる数少ない貴重な機会です。

出演者:
JIM KWESKIN(ボーカル、ギター)
SAMOA WILSON(ボーカル)
井上太郎(フラット・マンドリン)
岩見継吾(ベース)
近藤哲平(クラリネット)

※前座:マドカ・プレイボーイズ

全国ツアー情報 トムスキャビン 公式サイト
HOMEPAGE
Twitter
Facebook

 

MADOKA Playboys 試聴サイト

MADOKA Playboys(マドカ・プレイボーイズ)プロフィール

 2009年7月、大石みつのん・ハッサン王子(ちょい濡れボーイズ)、新井武人(Ringin' Bells Rondo Club/Rue De Valse)の3人により博多の地で活動を始めるも2年余りで自然消滅したアコーディオン・スウィング・トリオ。それから3年余り、それぞれの道で演奏活動を続けてきた3人が一夜の再集結!
 1920〜1940年代頃のHot JazzやJive、WesternSwing等をベースにゆりかごから墓場まで多くの人々を魅了した彼らのエンターテインメントに溢れるステージが再び!!


 

 


Jim Kweskin - Blues in the Bottle‬