中東欧のアコーディオン・パフォーマー、Misko Plavi(ミシュコ・プラヴィ)
Japan Tour 2007

6.25(Mon)at Across Fukuoka Hall

孤高の語り部が体現したドラマティックな一夜のステージ。それは、彼の人生そのものだった。
 
  繊細で力強い指先の魔術。鍛え抜かれた肉体と精神。遥か遠くの方から私達を呼び覚ますかのような、郷愁を帯びた魂の囁き、叫び。旧ユーゴスラビア、セルビア・モンテネグロ、そしてセルビアと、時として故郷の分離独立の波にのみ込まれながらも、彼の強靭な音楽は圧倒的な存在感でもって生きることの素晴らしさ、時代のリアリティを伝えゆく。そして、この夜、幾度となく異国を旅してきたアコーディオンの音色が、福岡の街に舞い降りた。

 これまでミシュコ・プラヴィは、世界各国で1000回以上、日本でもすでに2001年から、各地で100回を超えるライヴを行っている。今回、福岡でのパフォーマンスは3度目という。会場は前回と同様、木造のシンプルなステージ、アクロス福岡円形ホール。ステージ上に置かれたキャンドルの淡い灯りが、椅子とアコーディオン、足元に置かれたサンプラーを照らし出す。定刻。Tシャツにジーンズ、スニーカーというごくシンプルなスタイルで現れた長身の彼は、客席に向かって深く深く(両手が靴先に軽々届くくらい)おじぎをして椅子に腰かけた。会場は満員。女性の割合が少し多いくらいだろうか、老若男女幅広い年代層の姿があった。温かい拍手に包まれて、ミシュコが愛用する黒いアコーディオンを手に取る。聞けば、このアコーディオン、1978年イタリア製で重さは約20kgあるらしい。材料として使っている木材は枯渇し、もう生産不可能なのだとか。その分身を抱えて、静かにステージの幕は上がった。情熱の赤、ノスタルジックなセピア色、セルビアの町を想わせる白……音楽が何より素晴らしいのは、目に見えずとも、その音色には字のごとく、アーティストが発する独自の色があるということではないだろうか。幾層にも重なり合い溢れ出すハーモニーと旋律。時に穏やかな眼差しで注意深く客席の様子を見つめながら、リズミカルに、アグレッシヴに、アコーディオンを引く手が風のような速さで鍵盤を捉える。タンゴ、ブルース、往年の映画音楽にアスト−ル・ピアソラの名曲、打ち込みのエキセントリックな伴奏が斬新な東欧トランス……全身全霊で奏でる魂の音を浴び、共鳴し、そこから私達は楽曲から湧き出る幾つもの風景や世界を想像し、夢を見、そして旅する。時に、彼の眼差しの奥深くに沈む何かを感じ取りたいと願うかのように、西方と東方の文化が混ざり合う彼の祖国がどんなところなのか、思いを馳せたりしながら。1部2部で構成されたライヴの後半には、日本の伝統曲『Sakura』を披露してくれたり、アンコールでは突如ステージから降りて、オーディエンスのすぐ近く、同じ目線の位置で演奏をプレゼントしてくれる場面も。
「日本の皆さんはとても繊細で、細かなところまで演奏をじっくり聴いてくれて、とても嬉しい。ビューティフル!」。近い将来また来福することを約束し、始まりと同じように深く深くていねいにおじぎをして、ステージを後にした。残された客席には、熟成したワインを飲み干して心地よく酔った時の快感にも似た余韻。それは、純粋に音楽を楽しむ心地よさとともに、西と東ながら同時代に生きるミシュコと会場にいる私達が、同じ時、同じ空間に、音楽という美しい繋がりでもって出会い、喜びを共有し、シンパシーを通い合わせたという感動でもあったにちがいない。

 楽屋に戻った彼のTシャツは汗だくだった。実はこの日、海外の旅には付き物のやっかいな時差ぼけで3日間ほとんど眠れていなかったという。だが、疲れなどおくびにも見せず、スマートなステージを魅せてくれた彼に改めて感謝の気持ちをおくりたい。9月にはようやく初めての日本盤のアルバム(ベスト・アルバム)がリリースされるという。ミシュコ未体験の人は、きっとこのアルバムで変幻自在に操るアコーディオンの独創的な音色に新鮮な驚きを感じることだろう。
人生は、"Music Around The World"。彼の音楽を前に、言葉は色を失う。ただ一言いうとするならば、孤高の語り部、ミシュコ・プラヴィが体現したドラマティックな一夜のステージは、とても真摯で、彼という人生そのものだった。

Text: Arei Maeda

<1st stage>
17曲
<2nd stage>
16曲
<アンコール>
1曲

 

The solitary but extremely dramatic performance that heperformed was just like his own life and the audience wereimpressed by his physical and spiritual play that wassensitive but powerful at the same time.

The former Yugoslavia his home country has been dissolved because of civil war, and even in that enviroment he still tells the story of how life is wonderful.

 His music has impressed people all around the world and it came to Fukuoka in June. He has performed more than 1000 performances in other countries and since 2001 he has performed more than 100 times in Japan, and it was also his third appearance in Fukuoka.
This time he played in Fukuoka's Across circle hall and the chair, sampler, and accordion were lit by candles which created a cosy and aromatic atmosphere. The audience very much appreciated this intimate setting.
He showed up wearing casual clothes, a T-shirt, a pair of jeans, and a pair of trainers. He bowed to the audience deeply almost touching his toes. The hall was completelly full and included all the generations but there seemed to be more women than men.
His favourite black accordion was made in 1978 in Italy, it weights 20kg and is made from a valuable dried wood, it was hand held. The show opened with a round of applause and the music started. He calmly looked at the audience and performed a novel and several kinds of eclectic music,such as the tango, blues, cinema soundtracks, eastern europian trance, and traditional Serbian tunes.
The audience were in tune with the rhythmical and aggressive sound and they're imagination flowed into eastern and western countries and cultures. The harmony and melody stimulated passion, nostalgia, and the color of his Serbian city Belgrade. At the end of the second
performance he played the Japanese traditional tune 'Sakura' moreover, he came close to the audience and played more music for the encore. "Japanese audience are very sensitive, listening so carefully I'm happy it's beautiful" he said. He promised to come to Fukuoka again soon and bowed again has at the begining, then he left the stage.
The audience were happy and left the hall feeling completely satisfied. That night, Misko Plavi and the audience who have two different cultural backgrounds were united by beautiful music. Even though he hadn't slept for 3 days because of terrible jet lag he performed brilliantly. "We'd like to thank him for the magnificent performance" said ..............

 In September he will release his new album with some of his old favourites on it.

People who have never heard his sound surely will be fascinated by his unique and creative accordion playing. Misko's philosophy is 'Music Aroud The World' doesn't need words to describe it and he lives his life like his music creative and free.

 The night performed by Misko Plavi was so sincere, just like his life.
(Translation:Hiroko Matumoto)