fm fukuoka Presents Cloudberry Jam Japan Tour 07 福岡公演
2007.4.22
まったく飽きることのないシンプル・イズ・ビューティフル!
クラウドベリー・ジャムのジャパンツアー07が決定!

昨年11月、スウェーデン・スタイル・フクオカでのアコースティック・ライヴが好評だった北欧が産んだスウェディッシュ・ポップの第一人者、クラウドベリー・ジャムの再来日&ジャパン・ツアーが決定しました。今回は、メンバーのジェニー、ヨルゲン、ヘンリックに加え、サポートメンバー(4名)もオール・スウェディッシュです。福岡はフル編成によるライヴを至近距離で、初めて訪れる長崎では、4月から長崎県美術館で開催される巡回展(宇都宮美術館、京都市美術館、東京オペラシティアートギャラリー)「北欧モダンデザイン&クラフト展」内で初ライヴを行います。洗練された北欧産スウェデッシュ・ポップが九州に春の風を吹き込みます。デザイン&ミュージック!
Cloudberry Jam CD
 
<CLOUDBERRY JAMライナー>
以前、友人がスウェーデンを訪れたとき、真っ先に訪ねたのがタンバリン・スタジオ だったそうです...なぜか我々日本人の琴線に触れまくりなスウェディッシュPOP。 90年代初頭の渋谷系の喧騒から、こっそりひょっこり抜け出して一人歩きし始めた、 ヨーロッパの片隅から届いた一連のラブレター達に、我々日本人はこぞって返事を書 こうとしたものです...一体全体、スウェディッシュPOPの何が我々の胸をそんなに 焦がしていたのでしょうか? その最もシンプルな答えは、いつだってクラウドベ リー・ジャムの中にあったのです。

そもそもフリッパーズ・ギターに代表されるネオアコ・ギターPOPムーブメント...いわゆる渋谷系は、個人的な感想としては日本における<カレッジ・シーン>だった んだなと思います...メインストリームの、キラキラしてるんだけどチャラチャラした 音楽に辟易とした若者達の<理由なき反抗>。だからどんなにジャジーでネオアコで ソフトロックでマイルドな口当たりのコーティングが施されてても、どこかエッジが 尖っててPUNKなアティチュードに溢れてました。で、その後に訪れたスウェ ディッシュPOPムーブメントでも、渋谷系のエッジーでロックでファンキーな部分 を最も体現し引き継いでいたのは、常にクラウドベリー・ジャムだと個人的にずっと 思ってて...そもそも日本デビュー盤にあたる『クラウドベリー・ジャム』1曲目の 「WALKING IN MY SLEEP」からしてロックですからね。歪んだギター・サウンドじゃ ないのに妙にアグレッシヴ! 言いたいことが山ほどあるアーティストって、どんな 楽器でもロックできると言う証拠。

その後、ハイ・スタンダードを筆頭としたメロディアスなPUNKが<カレッジ・ シーン>的役割を担いつつ21世紀に突入しましたが、現在の状況はいかがです? ま たぞろキラキラしてるけどチャラチャラしたJ−POPが幅を利かせてませんか? 奥様...いや皆様、ご安心を。クラウドベリー・ジャムはいつでもアナタをロック&ス ウィングさせます!

前作にあたる『The Great Escape』を引っさげて、約10年ぶりに元気な姿をここ日本 でも見せてくれたクラウドベリー・ジャム。運良く2005年の大阪FM802のイベン ト"MEET THE WORLD BEAT"に一緒に参加した我々BEAT CRUSADERSは、特に俺とBa.ク ボタが大の北欧ギターBAND好きということでクラウドベリー・ジャムの登場に狂 喜乱舞! 震える手で自分達のCDを渡す変なお面の軍団にもジェニーはニッコリ微 笑んで気さくにお喋り...それが縁でこうしてライナーまで書かせていただけるとは 思ってもみなかった栄誉に浴しておりますが...新作『right here, right now』も 頭っから疾走感全開! 年齢を重ねて落ち着くかと思いきや、全盛期そのまま...い や、キャリアのある分、それ以上の演奏とソング・ライティング...スウェーデン人っ てホント根っからのロック好きですね。もちろんジャジーやボサ、そしてSOULテ イストも節々に配され、そこによく響くジェニーの低音が乗っかってくればいつもの クラウドベリー・ジャムの世界へアッという間です。

本来、トンガった生き方を選ぶはずのキッズ達が元気のない昨今...実はその理由は、 クラウドベリー・ジャムを始めとした前の世代が、相も変わらず気炎を吐き続けてい るからなのかもしれませんね! 今日から俺のスローガンは<NEO-ACO NOT DEAD!> にしたいと思います。
(ヒダカトオル/BEAT CRUSADERS)
Cloudberry Jam/right here, right now
クラウドベリー・ジャム/ライト・ヒア , ライト・ナウ
¥2,499(税込)
2006.10.04発売
FUKUOKA 4.22
■日時:2007年4月22日(日)開場19:00 開演19:30 
■LIVE:Cloudberry Jam(クラウドベリー・ジャム)
■会場:ROOMS(福岡県福岡市中央区大名2丁目1-50-3F TEL 092-751-0075) 
■料金:前売り¥5,500 当日¥6,000 ※要1ドリンクオーダー
 
■チケット一般発売日:2007年3月18日(日)
■チケット発売場所
イープラス先行発売:ヨーガクプラス3/2〜3/6:プレオーダー3/7〜3/11
電子チケットぴあ:ファミリーマート、サンクス
・音声認識予約 TEL 0570-02-9999(10:00〜23:30) 
・Pコード受付 TEL 0570-02-9966(10:00〜23:30) Pコード254-383 
■お問い合わせ:ジャブアップ TEL 092-526-8696

●主催:fm fukuoka
●後援:Swedish Style Fukuoka 2007
●協力:LOVE FM / FREE WAVE TENJIN FM
●企画制作:Handcuts Records /Jabup
NAGASAKI 4.21 FM長崎開局25周年記念&長崎県美術館開館2周年記念
■日時:2007年4月21日(土)開場 20:00 開演 20:30
■LIVE:Cloudberry Jam(クラウドベリー・ジャム)
■会場:長崎県美術館エントランスロビー
■料金:全自由¥5,500(北欧モダン展観覧チケット料含む)
 
■チケット一般発売日:2007年3月18日(日)
■チケット発売場所
チケットぴあ(ファミリーマート)
 TEL予約:0570-02-9999(Pコード:254-456)
ローソンチケット(ローソン、ダイエー各店)TEL予約:0570-084-008(Lコード:84016)
・長崎県美術館、浜屋プレイガイド、タワーレコード長崎店、他
■お問い合わせ:FM長崎 TEL:095-828-2020  長崎県美術館 TEL:095-833-2110


●主催:長崎県美術館
●共催:FM長崎
●後援:NCC長崎文化放送
●協力:タワーレコード長崎店、他