【ジャブログ】静かな場所

 先日はアート関係者の友人からのお誘いもあり、「現代アートを買おう!サラリーマンコレクターの経済学」というトークショーへ行ってきました。今回の講演者は「大事なことを現代アートから学んだ」という、宮津大輔さんです。経歴もとてもユニークな方で、とにかくお話のテンポが良くて、面白いし、笑えて学べての約90分があっという間でした。市場には「世界で通用する」と「国内で通用する」のふたつがあるという話から、世界のアートの動きとビジネス、LGBTのアートまで、最新のアート事情がたっぷりの内容でした。とても勉強になりました。

 

 そして、先週は大手門(福岡市中央区)に新しくできたギャラリー「EUREKA」で行われている、アジサカコウジ冬個展2018「nana sauvage」へ行ってきました。ギャラリー「EUREKA」は静かな場所にあって素敵な空間でした。アジサカコウジさんの作品がギャラリーの雰囲気によく合っていたので、居心地が良かったです。作品とギャラリーの相性も大切だなと思いました。

 

 カルチャースタイルでもアジサカコウジ冬個展2018「nana sauvage」をご掲載させていただいたこともあり、ギリギリになったけど鑑賞できて本当に良かったです。今年の最後に美しいたくさんの絵画に囲まれて、有意義な時間を過ごすことができました。