5月、見直す

 いつもありがとうございます。今月は、連休明けから2週間ほど重い感じがして、とうとう何もアイデアが浮かばないまま、終わってしまいました。こういう休める時はしっかり休もうと思っています。

 

 毎年、5月初旬に近所(家)の通気孔にスズメが巣をつくるので、毎朝いつもよりスズメの鳴き声が賑やかでいいのですが、2週間ほどでヒナが元気に巣立っていきました。また、4月のちゃんと鳴けていたウグイスに続いて、今月はちゃんと鳴けないウグイスに和みました。

 

 それから、今年も万年青(オモちゃん)の新芽がすくすく育っています。例年よりも2週間くらい遅かったのですが、連休が明けてからは、ふたつの新芽が初めて同時に成長し始めました。嬉しいことに、すでにもうひとつの新芽が顔を出して伸びてきています。これも初めてのことです。

 

 万年青は、年に2回(春と秋)生長するはずなのに、オモちゃんは2013年から2016年まで、春に新芽がふたつのみでした。2017年は私の体がボロボロだったからか、春に新芽がひとつのみで、しかも葉が切れてしまい傷つきながら生長しました。葉がちぎれる寸前までいきましたが、なんとか持ちこたえてくれたのでした。不思議な話ですが、本当にちぎれなくて良かったです。

 

 ところが、2018年に入り緑が多い所へ引っ越しをしてからというもの、私の体も少しずつ良くなっているのを感じられ、さらにオモちゃんも春に新芽がふたつ、秋に新芽がふたつ生長するなど元気になりました。新しい環境は排気ガスが少なくて、明らかに空気が違います。そして、今年の初めてづくしに繋がりましたが、今年のオモちゃんの生長(春)は、新型コロナウイルスの緊急事態宣言を受けて、私たちの行動範囲や経済活動が制限されたことが作用したのかもしれないと、私は思っています。今秋の生長も楽しみになりました。(もちろん、経済も大事かもしれませんが、何度も触れていますけども、優先順位、自然とのバランスが重要だと思っています)

 

 明日から6月ですが、少しずつ動き出しそうです。全国のメール会員の皆さんには、「ジャブアップ2020よりお知らせ」メールでお送りしていましたが、私は昨年から週一度の断食を試してきました。一年以上続けていますが、体調はすこぶる元気です。そして、今月はより免疫力を上げるために、さらに食を見直しました。なぜなら、仮にこの状況がしばらく続くとなると、免疫力を上げていることで防げることがあると思っているからです。

 

 私の場合、自分の考えが変わることで、環境や働き方、さらに食生活までを見直すことができました。昔、大変お世話になった方から教わったことは、「道心の中に衣食あり、衣食の中に道心なし」。ありがたいお言葉でした。

 

 新型コロナウイルス感染症の終息まで、どうかくれぐれもご自愛ください。引き続き、どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

【エピソード21~30】エピソード23〜24

エピソード41~50

 

ジャブアップ
地域社会に多様な文化と音楽をお届けします

◎世界が広がる五感に効く情報サイト
文化都市としてのまちづくりを考える「カルチャースタイル

2018年4月公開のカルチャースタイルのウェブサイトは、ジャブアップとドットイメージのレベニューシェアで、お金をかけずにできることや相互の能力、得意なことを交換して実現した10年越しの取り組みです。