和のランドスケープ

 

 先日のジャブログ【LINK】でも触れた天神北の「須崎公園」が、福岡市拠点文化施設(詳しい事は福岡市のHPでご覧になれます)として計画が進んでいる。その話はまたひとりごとで触れようと思うが、ふと増田さんの著書「和のランドスケープ・プランニング(一般財団法人緑化センター)」を思い出した。

 増田さんには、雨の多い日本でのレインスケープや水のデザイン、日本のランドスケープが欧米のランドスケープとは異なる点、表紙のイラストになっている大濠公園(福岡市中央区)のことなど、いろんなことを教えていただいた。

 「和のランドスケープ・プランニング」は専門書で専門用語が多いけど、イラストや写真も多くて目でも楽しめる。