世界を楽しむ映画祭 Vol.1「サウンド・オブ・レボリューション〜グリーンランドの夜明け」福岡上映会

音楽は人々の声を代弁できるのか、そして社会を動かすことが出来るのか。

力溢れる音楽に彩られた珠玉のドキュメンタリー。

現在グリーンランドで、もっとも人気があり彼らの後継者と言われているロック・バンド、ナヌークのメンバーも出演している。

1970年代、グリーンランドの自治権獲得に大きく貢献したロックバンドがあった。彼らの名前は「スミ」。

グリーンランド語で「Where?(何処?)」という意味だ。彼らはグリーンランド語で歌う最初のロック・バンドだった。彼らのファーストアルバムのジャケットは、先住民族イヌイットが、入植者の北欧人を殺害し、その腕を切り落としているというショッキングな19世紀の版画がベースになっている。

「彼らが歌いだした時は、本当にビックリしたわ、グリーンランド語で歌っているのですもの!」

スミの出現は、多くのグリーンランド人にとっては、大変な衝撃だった。「どんな風に反応して良いか分からなかった」「凄く心配したわ。“どうか問題を起こさないで!”と願った」当時デンマークの統治下にあったグリーンランドにおいて、デンマーク人にどう見られているかということはグリーンランド人にとっては非常に重要な問題だったのだ。

しかし時は70年代、時代は解放と自由をもとめていた。スミのレコードは爆発的なヒットとなり当時のグリーンランド人の人口の20%がこのアルバムを購入したと言われている。

「僕たちはただ聞いてほしかったんだ」と、バンドのフロントマンでソングライターのマリクは回想する。「グリーンランド人は自分たちの国の政治についてまったくコントロールを得ていない。これでは、まるで植民地じゃないか、と」「そして僕らは若かった。その状況を何とか変えたいと願っていた」

スミの解散から数年後の79年5月、グリーンランドに自治政府が発足する。あれから40年、グリーンランドには現在でも解決すべき社会問題が山積している。

 

サウンド・オブ・レボリューション〜グリーンランドの夜明け〜

監督:Inuk Silis Høegh 制作:Ánorâk Film
出演:Malik Høegh (Sumé), Per Berthelsen (Sumé)、Emil Larsen (Sumé),Hjalmar Dahl (Sumé), Hans Fleischer (Sumé), Sakio Nielsen (Sumé),Christian & Frederik Elsner (Nanook)

原題:SUME – MUMISITSINERUP NIPAA
英題:SUMÉ – THE SOUND OF A REVOLUTION

2014年 グリーンランド/デンマーク語&グリーンランド語/日本語字幕/71分

企画/宣伝:THE MUSIC PLANT
協力:トーキョーノーザンライツフェスティバル実行委員会

公式サイト:THE MUSIC PLANT

タイトル 世界を楽しむ映画祭 Vol.1  サウンド・オブ・レボリューション〜グリーンランドの夜明け〜 福岡上映会
開催日 ​2018年2月4日(日)
上映時間開始 12:00/13:40/15:20 ​※入場は15分前
会場 BAR Swing & Soul(福岡市中央区警固2-13-21 パインヒル警固B1F)
※会場で飲み物とタコスの販売予定
料金 一般 1,500円 学生 1,000円(当日のみ・要学生証提示)
チケット発売日 2018年1月11日(木)※前売り券の購入可
チケット販売場所 チケットぴあ:TEL 0570-02-9999(Pコード:558-054)
お問い合わせ専用ダイヤル TEL 0570-02-9111
問い合わせ ジャブアップ TEL 092-738-9088
主催 カルチャースタイルシネマ
後援 LOVE FM
協力 グルーヴィン福岡店
70s Records
田口商店
TICRO MARKET
ティーンエイジ・ドリーム・レコード
ボーダーラインレコーズ