緊急事態宣言 福岡 2020

 

緊急事態宣言 福岡の医療現場

 

 いつもありがとうございます。

 

 14日(火)、福岡市も新型コロナウイルスによる福岡県の休業要請を受けて、独自の休業支援策を発表しました。飲食店は店舗賃料補助の対象から外れていますが(※)、すでに国の返済の必要のない助成金や補助金といった支援策(NHKサイト)が発表されていますので、困っている方がひとりでも多く活用できることを願っています。

(※)太文字部分について、次のとおり訂正いたします。休業や時間短縮営業の協力飲食店も対象になるそうです。詳しくはこちらをご覧ください。誤った情報を掲載して申し訳ございませんでした。(4月16日1時更新)

 

 その他、地方自治体の支援策は給付に限らず、様々な取り組みが行われていますので付記(記事リンク)いたします。新潟県燕市は帰省を自粛する学生を支援するため、コシヒカリやマスクの支給、茨城県常総市は出前や持ち帰りを行う飲食店に補助、山形県は県境での検温を実施。それから、全て拾えているかは分かりませんが、ジャブログ「4月、今を乗り越える」に地方自治体の支援策の記事リンクを貼っています(静岡県伊豆市、西伊豆町を追加掲載)。

 

 再来週から大型連休です。今朝の西日本新聞の記事で、PCR検査の態勢について触れられていますが、福岡県内ではフル稼働しているところもあり、パンクしかねないそうです。これ以上、医療現場を混乱させないためにも、このウイルスの感染を防ぐことが医療崩壊を防ぐことと考えて、感染しない、感染させないと、さらに気をつけて行動しようと思います。

 

 皆さま、くれぐれもご自愛ください。