イタリア JAZZ ピアノトリオ「KEKKO FORNARELLI TRIO 福岡公演」

KEKKO FORNARELLI TRIO 福岡公演開催!!

ピアノ・トリオファン必見!!過去2年間に25カ国でツアーを成功させ、国際的に評価されているイタリアのピアニスト、ケッコ・フォルナレッリ率いるピアノ・トリオ、Kekko Fornarelli trioが待望の初来日!!

 

昨年、通算4枚目のアルバム「Outrush」が発売され好評だった、KEKKO FORNARELLI TRIOが初めて福岡でコンサートを開催します。Kekko Fornarelliの活躍はイタリアだけでなく、世界のメディアもこぞって彼の世界観を絶賛しています。今回は、洗練されたイタリアのジャズに触れることのできる稀なコンサートです。

 

クラシックにルーツを持つフォルナレッリは熟練した技巧と、巧妙な即興演奏のマインドを持ち合わせている。(The Guardian紙)

 

絶妙な緊迫度と自由感のバランス。洗練されたかつ伝わりやすいスタイルはクラシックのルーツにポップからトリップ・ホップとゴスペルまでを取り入れている。
(Financial Times紙)

 

 

Kekko Fornarelli(ケッコ・フォルナレッリ)/ピアノ
Giorgio Vendola(ジョルジョ・ヴェンドラ)/ダブル・ベース
Dario Congedo(ダリオ・コンジェード)/ドラム

Grey Facebook IconGrey Twitter IconGrey YouTube Icon

タイトル KEKKO FORNARELLI TRIO 福岡公演
日時 10月15日(木)開場18:00 開演19:00
出演者

ケッコ・フォルナレッリ(ピアノ)
ジョルジョ・ヴェンドラ(ダブル・ベース)
ダリオ・コンジェード(ドラム)

会場 Gate’s7(ゲイツセブン)(福岡市博多区中洲3丁目7-24 7F)
料金

前売り¥4,000(税込)当日券¥4,500 ※要1ドリンクオーダー(¥500)

チケット先行発売

e+(イープラス) イープラス先着先行受付
8月7日(金)21:00〜8月8日(土)9:00まで

チケット発売日

8月8日(土)10:00〜

チケット販売場所

◎イタリア会館・福岡 TEL 092-761-8570
◎ゲイツセブン TEL 092-283-0577
◎ジャブアップ TEL 092-738-9088

e+(イープラス) ※予約済みのチケットはファミリーマート、セブンイレブンでお受取り、配送も可/ファミリーマート店頭[Famiポート]で直接購入可能※本公演はインターネット(イープラス )、ファミリーマート店頭[Famiポート]で24時間ご購入可

チケットぴあ TEL 0570-02-9999(Pコード 271-676)
※24時間※セブンイレブン、サークルK・サンクスでチケットの直接購入インターネットや電話で予約・購入済みのチケットの発券可

■チケットぴあ お問い合わせ専用ダイヤル TEL 0570-02-9111
(24時間/オペレーター対応は10:00〜18:00)

ローソンチケット TEL 0570-084-008(Lコード 87689)
※0570から始まるダイヤルはPHS・一部携帯・ケーブルTV接続電話・IP電話使用不可/WEB・モバイルサイトローソンチケドットコムからチケット予約・購入可/ローソン、ミニストップのLoppi(店頭端末/24時間)でチケット購入可

■ローソンチケット お客様インフォメーション
TEL 0570-000-777(10:00~20:00)
※0570から始まるダイヤルはPHS・一部携帯・ケーブルTV接続電話・IP電話使用不可

問い合わせ

イタリア会館・福岡 TEL 092-761-8570
ジャブアップ TEL 092-738-9088

主催 イタリア文化会館・大阪イタリア会館・福岡/ジャブアップ
後援

福岡市/ (公財) 福岡市文化芸術振興財団/福岡市教育委員会/福岡EU協会福岡日伊協会/ LOVE FM

協力 CATFISH RECORDS
企画・制作 イタリア会館・福岡/ジャブアップ

【Kekko Fornarelli(ケッコ・フォルナレッリ)プロフィール】
ケッコ・フォルナレッリは、国際的に評価されているアーティストの一人である。過去2年間にわたり、25ヶ国(ロシア、欧州全土、アジアとオーストラリア)をツアーし、すべて成功を収めた。ピアニストと作曲家、独特なスタイルを持つフォルナレッリの姿勢は、音楽は聴くだけのものではなく、まるで観察するかのような作曲を手掛ける。物語、感情と環境を観察するアプローチ。熱い地中海のバックグラウンドを持ちながら、北欧のモダンな音楽のアイデアとリリックはネオクラシカル、音楽の宇宙観・・・。

 これまで、4枚のアルバムが発売されている。 Circular Thought(2005)は、イタリアジャズのプロジェクトの中で、高く評価された。A French Man in New York(2008)は、フランスに三年間在留していた間に録音したアルバムであり、フランスのピアニスト;ミシェル・ペトルチアーニよりインスピレーションを受けた斬新的なアルバムであった。 Room of mirrors (2011 Auand sound)は、マイルストーン的な存在である。この頃から熟練された作曲のアプローチが見受けられる。何千枚が販売、ダウンロードされ、評論家より絶賛された。

「このCDは聴くことをやめられない。ロマンス派の音楽、モダンジャズと21世紀のダンス・リズムが融合され、全てがイタリア的に象徴された心から率直な姿勢で演奏されている。そして、彼の最後のアルバム”Outrush” (Abeat)は2014年3月に発売された。錬金術的なトリオの、ジョルジョ・ヴェンドラ(ダブル・ベース)、ダリオ・コンジェド(ドラムス)と共にケッコ自身のエスケープ – アウトラッシュ – を自らの世界に引き込んでいる。その行き着く先は、全体を通してまず心と腹に響いてから、脳に触れる。ジャズの境界線から持ち出している事がわかる」

 個人的であり内面的なリリースである。ケッコのハーモニーにより心に響きながら、同時に髪の毛を引火する程共感できる。イタリアは即興演奏の隠れ金山である。ケッコは巧みに演奏するだけではなく芸術性に長けている。

JKekko Fornarelli Trio @ Porgy & Bess – Weeping Souls

Kekko Fornarelli Trio @ Porgy & Bess – Outrush

OUTRUSH – The Documentary